iPhoneのAppleCare+のバッテリー交換の劣化基準が50%から80%に緩和

iPhoneのAppleCare+のバッテリー交換の劣化基準が50%から80%に緩和 iPhoneシリーズでは、カタログスペックに則った通常の使い方をしていたのにも関わらず、内蔵のリチウムイオンバッテリーが劣化した場合は、購入後1年以内の限定保証期間内や、Apple Care+に加入していれば、無償でバッテリー交換をしてもらえるという、他に類を見ないサービスがあります。
かつては本来の能力の50%以下に劣化した場合に無償バッテリー交換の対象となり、それでもユーザーにとって心強いサービスでしたが、50%以下に劣化するまで待つのは不安だと言う声に応える形で基準が緩和され、80%以下で無償バッテリー交換を受け付けてもらえるようになりました。
公式サポートを通じてiOS診断を実行することで、バッテリーのテストが行われ、80%以下に劣化した事が認められると、無償バッテリー交換を依頼することが出来ます。
その後、実店舗に直接持ち込んだり、宅配便でリペアセンターに配送するなどします。
いまや、iPhoneをはじめとするスマートフォンは我々の生活に欠かせない存在となりました。
OSやアプリで行われる処理も高度になり、本来の50%の容量では心許ないと感じるケースは多く、この基準の緩和は、時代が求めた要請とも言えます。

Apple、iPhone6sの電源が落ちてしまう問題とバッテリー交換について

Apple、iPhone6sの電源が落ちてしまう問題とバッテリー交換について Appleは斬新なIT製品をリリースする事で知られる一流企業です。数ある製品の中でも、iPhone6sは特に人気があるアイテムです。愛用者が多い事でも知られ、コストパフォーマンスの良さとデザイン、そしてハイスペックな処理能力が評判となっています。
ただ、発売されてから既に長い時間が経ちました。
iPhone6s自体はまるで経年劣化をしてなくても、バッテリーの方に老朽化の影響が出てきている可能性があります。iPhone6sやアプリ自体に不具合を見つからないのに、突然電源が落ちてしまう問題が頻発しているなら、バッテリー交換を申し込みましょう。
AppleCare+のサービスに加入していれば、保証期間を過ぎてしまっていても、無償で交換が申し込めます。
電源が頻繁に落ちてしまっては、安心してスマートフォンが使えなくなります。
大事なメールを書いている真っ最中、ゲームアプリでクライマックスを堪能している最中に電源が落ちてしまえば、腹ただしい気持ちになります。
バッテリー交換でイライラや不満が無くなると思えば楽なものです。バッテリーの劣化は、バッテリーの膨張など、更なる不具合を招きます。ユーザーが異変に気づき次第、対応するのがセオリーです。

iPhone故障に関するお役立ちリンク

アイフォンのトラブルに即日対応する携帯専門店のサイト

横浜でiPhoneのバッテリー交換を頼むなら